下町のボーダーコリー蓮

borderren.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

シニア犬と暮らす

                        平等の幸せ





a0157156_21333232.jpg



                 今レスキュー団体では

                 トックを含めて5頭のシニア犬が本当の家族を待っています。

                 また、里親サイトを覗いてみると

                 他の保護団体にも多くのシニア犬が家族を待っています。

                 人間同様に医療や生活環境がよくなり

                 犬も長寿になりました。

                 子犬や若い子にはお問い合わせも多いのですが

                 シニアになるとほとんどありません。

                 一緒に暮らす時間が短いことや介護など

                 不安要素が多いからだと思います。

                 ただ不安ばかりではありません。

                 一緒に暮らしていると

                 シニアならではのよさもたくさんあります。

                 命ある限り平等に幸せを与えてあげたいと願っています。

a0157156_21404618.jpg


                  穏やかなよきパートナー

                  その息づかいや体温が

                  癒し効果を与えてくれます。

                  

                  

                 



                 

                 



                 

                 

                 
Commented by レミー at 2015-03-18 00:59 x
そうなんです
うちのおばあちゃんワンコも10歳くらいの時に娘が連れてきてかれこれ5年
言葉もまったくわからなかったのに 今や言葉も我が家のタイムスケジュールも何でもわかってくれます
お散歩はのんびりだけど 年取った私にはちょうど良い
病気もチョコチョコしますが 優しくて癒やされます

これも御縁 出会って良かったと思います

シニアボーダーたちにも素敵な家族が現れますように
Commented by thcy0215 at 2015-03-18 22:21
レミーさま

シニアのよさは一緒に生活してみると味があっていいもんだとわかりますね。
空気がゆったりと流れる。
私1人では体力的にもうパピーから育てることは難しいと・・・
特にボーは一緒に遊んであげる体力が必要な犬ですから(汗)

どんな出会いも大切!
年齢は関係ないと思います。
気長に良いご縁を待っています。
by thcy0215 | 2015-03-16 21:46 | | Comments(2)

〝オレ、蓮 12才〟 インドアボーダーとのアウトドアー生活.下町で普通に暮らすボーダーコリー 蓮との日常


by thcy0215