下町のボーダーコリー蓮

borderren.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

保護犬の年齢

                          セカンドオピニオン  



               犬の年齢の判断はとても難しい。 

               預かりをしていて一番悩むところです。

               放浪犬はもちろん持ち込みで収容された子も

               元の飼い主さんが伝えた年齢が真実である保障はありません。

               飼育環境や栄養状態が悪かったり

               放浪期間が長いと身体は年齢より衰えています。


a0157156_20412775.jpg


               歯についても

               硬いものをカジっていたり、ディスクをしていると

               若くても磨耗している場合があります。

               保護犬はわからないことが多いので

               セカンドオピニオンを聞くために獣医さんを渡り歩きます^^;

a0157156_21112341.jpg


               最初の先生は脊椎のレントゲンを見て

               軟骨の磨り減り具合から7歳前後では?

               セカンドオピニオンをいただいた先生は

               10歳前後。

               譲渡に関しては若い方がいいのですが

               ここは間を取って8~9歳にしようと思います。

a0157156_2164695.jpg


               このオジサンが9歳だけど

               トックはオジサンほど白髪はないんだけどなぁ・・・(-_-)

               

                


               

                                 


                  
by thcy0215 | 2014-08-27 21:11 |

〝オレ、蓮 12才〟 インドアボーダーとのアウトドアー生活.下町で普通に暮らすボーダーコリー 蓮との日常


by thcy0215