下町のボーダーコリー蓮

borderren.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

首輪

                          どんな思いで・・・




                   何頭か預かった保護犬の中には

                   前の家族がつけてくれたと思われる首輪をした子がいました。

a0157156_2248466.jpg
a0157156_2249712.jpg



                    保護された経緯や場所は離れていて
            
                    日時も違っていますが

                    色違いで同サイズ、まったく同じ首輪です。

                    汚れた皮性の首輪。

                    元の飼い主さんは

                    この首輪をつける時、どんな気持ちでつけたのでしょうか。

                    犬のために購入したはずです。

                    なのに、

                    なぜこの首輪をつけたまま放棄したのでしょうか。

                    この子たちの何がいけなかったのでしょうか。

                    言葉を持たない彼らは恨みもつらみも言わない。

                    きっと信じていたはずなのに。。。

                    処分場でどんな気持ちでいたのかと思うと

                    切なくてなりません。

a0157156_2331865.jpg


                    ジェシー

a0157156_2364316.jpg


                    モリー

                   
                    今、彼女たちは心やさしいご家族の元

                    幸せに暮らしています。

                    首輪をつけていなかった子達も

                    みんなみんな幸せになりました。

a0157156_23154859.jpg


                     ナノ

a0157156_23165338.jpg


                     リル

                     この子たちにも心やさしい家族が見つかりますように。。。

                     イヤ、絶対に見つけてあげます。

     
a0157156_2330792.jpg


                     蓮のファースト首輪です^^;

                     こんなに小さな首だったのに・・・

                     







                    

                    

                    
                    

              
Commented by kichiluママ○+Dana at 2012-12-07 17:18 x
お久しぶりです!毎回ブログは全て見させて頂いております(^^)
首輪の事。私も以前ブログに書きました。保健所に収容されたコの首輪を見ていつも悲しくなります。色褪せたボロボロ首輪を付けて、不安な顔で写真に映っているコ達。きっとこの首輪がまだピカピカの頃はとっても愛されていて、逃げ出したってスグに探し出してくれる飼い主だったんじゃないのかしらって。うちの可愛い次女犬の月浄もそうでした。秩父保健所から熊谷のセンターに移送されたので里子の手続きを取りにいき、スグに掛かりつけの獣医さんに。そこで彼女をまじまじと初めてみたのですが、錆びたチェーンをS字フックで繋げた悲しい程チープな首輪でした。そこには彼女が愛されていた過去も感じる事が出来ず、ただただ「これからママが鬱陶しい位にあなたを愛しちゃうから、だからごめん、今までの辛いことや怖かった事は少しずつ手放していって」って願う事しか出来なかった。
うちに来て二年三ヶ月程ですが、ヤンチャな末娘と長男犬を「いい加減になさい!」と叱る位頼もしい子になりました。ワンコの順応性に頭が下がります。。ナノちゃん、リルちゃん、素敵な赤い糸が見つかりますように。心から祈っています*\(^o^)/*
Commented by thcy0215 at 2012-12-08 22:02
kichiluママ○+Dana さま

いつもありがとうございます。
首輪のブログ、おぼえています。
保護犬の唯一の手がかりである首輪から過去が想像できます。
新品の皮の首輪をつけてもらい、家族として生きていたはずなのに
なぜ処分場に。。。
救われた子たちは氷山の一角でしかないのですが、理不尽にも
去っていった子達の分まで幸せに長生きをしてもらいたいと願っています。
私は保護した子たちがつけていた首輪を捨てることができません。
私には特別な能力など微塵もありませんが、汚れてさびた首輪から
卒業していった子たちの心の声が聞こえるような気がします。

ナノもリルも首輪はしていませんでしたが、心の声を聞いてあげたいと思います。
そして早く本当の家族を見つけてあげたいと思っています。
by thcy0215 | 2012-12-05 23:31 | | Comments(2)

〝オレ、蓮 11才〟 インドアボーダーとのアウトドアー生活.下町で普通に暮らすボーダーコリー 蓮との日常


by thcy0215