下町のボーダーコリー蓮

borderren.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ご理解ください

                       言葉を持たないからこそ



            犬友のこまち姉の友人が教師兼トレーナーとして勤務されている

            犬の専門学校に通う学生さんたちが

            殺処分ゼロを目指し、

            作詞作曲からすべて手作りで作られた作品です。

            この作品はフィクションではありますが、

            現実はもっと厳しく辛いものです。

            彼らには訴える言葉もなければ

            抵抗の余地すら与えられていません。

            
 


               小さな命を救ってあげたいと

               非力ながらボランティアに参加しています。

               多くの団体の方々が命のリレーをしています。

               一頭でも多くの命が繋がりますように…

               そして今回の震災で今もお腹をすかせ、路頭に迷っている動物たちが

               早く家族の元に帰れますように切望しています。



               将来ある学生さんたちが一生懸命作ったこの作品を

               一人でも多くの人の目に触れていただけることを望んでおられます。

               ブログで紹介していただけたら幸いです。

              


      

               

               

               
Commented by ATOM at 2011-04-12 00:13 x
紹介させていただきました。
涙が出そうになりますね。
アトム、モリーのことを考えてしまいます;;
Commented by アビィーパパ at 2011-04-12 06:43 x
アビィー、モリー、ジェシー達のように救助された犬たちは
ほんの一握りの幸運な犬達で、
多くの不幸な犬達がいるという現実を改めて考えさせられました。
Commented by がう母 at 2011-04-12 11:48 x
泣けた;;;
ブログにアップさせていただきました。
Commented by こまち姉 at 2011-04-12 19:48 x
この度は貴重なスペースを紹介の場に使っていただき、お力添えに感謝します。
厳しい現実を知りながら実際には何も力になれていない自分が情けないのですが、殺処分ゼロに少しでも近づくよう、ただただ祈るばかりです。
多くのワンちゃん達に明るい未来が待っていますように。
Commented by ごんまりママ at 2011-04-12 22:00 x
とても見るのが辛かった。。。
涙、涙、涙。。。

こちらでも、ご紹介させて頂きました。
少しお言葉をお借りしてしまい、申し訳ありません。

悲しい現実に目を背けてはいけません。
とてもとても辛いことですが。。。

Commented by thcy0215 at 2011-04-12 22:54
ATOMさま
ありがとうございます。
悲しいけれど現実を知ることは大切だと・・・
アトムやモリ―のように命がつながった子たちはそれが果たせなかった子たちの分もいっぱいっぱい幸せにならなければいけないと思います。
Commented by thcy0215 at 2011-04-12 23:01
アビィ―パパさま
たとえほんの一握りでも救ってあげられる命があり、アビィ―パパさんのようにそれを迎えてくださる優しいご家族がいらっしゃることがボランティアをする励みとなります。
いつかこんなボランティアが必要なくなる日が来ることを祈っています。

Commented by thcy0215 at 2011-04-12 23:12
がう母さま
転載ありがとうございます。

見るのはホント辛いです。
助かる命もあるけれど、そうでない方がはるかに多いというジレンマと
戦いながら、一頭でも多く助けてあげられることを念頭において細々と続けて行きたいと思っています。
Commented by thcy0215 at 2011-04-12 23:24
こまち姉さま
小さな協力しかできませんが・・・
この先、こまち姉さまのように若い人たちが動物愛護の問題について理解を深めてこのような活動をしてくださることはとても有意義だと思います。
Commented by thcy0215 at 2011-04-12 23:31
ごんまりママさま
いつもいつもありがとうございます。
ワンズがいなければきっと一生ご縁のなかったであろう方たちとたくさんの情報交換ができ、共感したり、心配したり、涙したり・・・
そんな大切なワンズの命が物のように失われるのは辛すぎます。
私たちはワンズのおかげでいっぱい楽しい思いをさせてもらっているというのに・・・(@_@)
Commented by cha3cha3 at 2011-04-30 04:28
初めまして
ネットサーフィンをしていたらこちらに辿り着きました
我が家にはこの動画に出てる子とそっくりなBCが居ます
見て辛くなりました
現実の処分はもっと酷くて苦しいものですよね
私のブログでも紹介させて頂きます
宜しくお願いします
Commented by thcy0215 at 2011-04-30 22:46
cha3cha3さま

コメントありがとうございます。
そして転載に感謝いたします。
多くの人に実状を知っていただきたいし、言葉のない世界にいるこの子たちのことを理解していただきたいと常に思っております。
ブログお邪魔させていただきました。

本当にありがとうございます<m(__)m>
Commented by ぼちひめ at 2011-05-07 11:30 x
cha3cha3さんのところからお邪魔してます。
ニャガノ県の犬猫ボランティアグループを応援しているものです。
こちらの記事、とても感動・号泣しました。
ぜひ転載させて下さい。
by thcy0215 | 2011-04-11 21:16 | | Comments(13)

〝オレ、蓮 12才〟 インドアボーダーとのアウトドアー生活.下町で普通に暮らすボーダーコリー 蓮との日常


by thcy0215