下町のボーダーコリー蓮

borderren.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新聞記事より

                       まだ間にあうから 



             
             所用で、動物保護センターに行きました。

             ちょうど一週間前の夕刊に保健所の犬と猫の気持ちを歌にして

             そのCDの売り上げの半分を動物の保護団体に

             寄付をするという記事が載っていました。

             収容棟に足を一歩足を踏み入れた瞬間、

             その歌詞を思いだしました。


             “まだ間にあうから まだ間にあうから 
              
              この重い扉を開けてください

              まだ間にあうから まだ間にあうから

              迎えに来てください 

              もしもあなたが この思い扉を開けてくれたら

              私は青い空が見れるのに

              もしもあなたが この私に名前を付けてくれたら

              嬉しくてうれしくて 泣き続けるでしょう”  

       
         犬に限らずペットを飼うという事は

         その命を預かることだと肝に命じてほしいと思います。

         命の最後まで責任を持って見届けられる人以外は

         いくら癒しが欲しいといえども絶対に飼うべきではないのです。

a0157156_013472.jpg


           毎日青い空の下でお散歩しているオレは

           幸せなんだ。。。

a0157156_01582.jpg


           命の尊厳とか倫理観については

           人それぞれ価値観は違うと思いますが、

           反論することなく奪われる命の数がひとつでも少なくなりますように・・・

           

                                
by thcy0215 | 2011-01-15 00:26 |

〝オレ、蓮 11才〟 インドアボーダーとのアウトドアー生活.下町で普通に暮らすボーダーコリー 蓮との日常


by thcy0215